1. ホーム
  2. キッチン用品・食器・調理器具
  3. 調理器具・製菓器具
  4. 包丁・ナイフ
  5. 冷凍包丁
  6. ALI23030平日PM1時までカード注文⇒即日出荷 すべり止め付冷凍庖丁 白銀安来鋼 30cm ALI23030
新品即決 から厳選した ALI23030平日PM1時までカード注文⇒即日出荷 すべり止め付冷凍庖丁 白銀安来鋼 30cm ALI23030 nulifewellnesscentre.com nulifewellnesscentre.com

ALI23030平日PM1時までカード注文⇒即日出荷 すべり止め付冷凍庖丁 白銀安来鋼 30cm ALI23030

11582円

ALI23030平日PM1時までカード注文⇒即日出荷 すべり止め付冷凍庖丁 白銀安来鋼 30cm ALI23030






送料無料キャンペーンコード:【smtb-TK】
ご注文後は、【発送のご案内】→【送り状番号のご連絡】の各メールをお送りします。
【kk9n0d18p】

 【商品の説明】
●すべり止め付の為、力が入りやすく冷凍に限らず固いものを 切る場合に非常に便利です。


サイズ(cm) 全長(mm)
30 445

法人お問い合わせ

ALI23030平日PM1時までカード注文⇒即日出荷 すべり止め付冷凍庖丁 白銀安来鋼 30cm ALI23030

国内正規品 PDMOVIE D-Tap電源ケーブル 0.3m PC-06-03 このサイズが欲しかった女性の手にピッタリ収まる大きさがちょうどいい職人が造る一生ものの一本おうちごはん 薩摩守 小 桜柄 15cm
日本最大級 すべり止め付冷凍庖丁 白銀安来鋼 30cm ALI23030 fucoa.cl日本最大級 すべり止め付冷凍庖丁 白銀安来鋼 30cm ALI23030 fucoa.cl
日本最大級 すべり止め付冷凍庖丁 白銀安来鋼 30cm ALI23030 fucoa.cl日本最大級 すべり止め付冷凍庖丁 白銀安来鋼 30cm ALI23030 fucoa.cl
WPN7111 パナソニック WPN7111 HD-PLC対応PLCアダプター(LAN変換)(100V)
チャコ 3
ウエストサイズ見てMでよいかと思ったら全然足りないです。表記サイズより10cm程少なく見た方が良さそうです。只,装着感は良いです。ピッタリなら毎日つけられたのに…残念というところです。

kabix 5
よく切れます。ドイターのファーストエイドバッグに入れてます。https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B01C5CSPU2?psc=1&ref=ppx_pop_mob_b_asin_titleちょうどいいサイズでした。

ゴールドのラインがアクセント!! アルナ アルミフレーム デッサン額 HVL 宗達 水彩F号用F4 892 MINICHAMPS 1 12 Aprilia 250ccm
Amazonプライムファン 5
サイドにゴムが入っているので、ゆったりと余裕を持って履けます生地も丈夫で、履き心地も良いです毎日の仕事で着るので、販売していればずっと購入したいと思っています

美祢市 ふるさと納税 たけのこ水煮 水煮 筍 タケノコ 美味しい 美祢っ子 無添加無着色 たけのこの水煮 6種詰合せ 山口県 お礼の品 返礼品 山口 無添加 食べ物 食品 たけのこ 筍 タケノコ 水煮 美味しい おいしい 健康 国産 野菜
Amazon カスタマー 4
この手のアダプターって、対応してますとか、書いてあるのにいざ使うと対応してない。まだ使い始めたばかりなので耐久性がわからない

お店からご自宅まで、季節を問わず、様々なシーンでご利用いただける商品です。 5個セット ☆ 蓋物 ☆ 吹墨玉型円菓子碗 10.5 x 9.4cm ] ワールドウォーク WW キャリア・サポート 外装 WW スーパーカブC125 キャリア・サポート スーパーカブC125用 リアキャリア ワールドウォーク
日本最大級 すべり止め付冷凍庖丁 白銀安来鋼 30cm ALI23030 fucoa.cl日本最大級 すべり止め付冷凍庖丁 白銀安来鋼 30cm ALI23030 fucoa.cl
カーピカネットカーシャンプー お徳用 洗車用品 洗浄剤 シャンプー剤
日本最大級 すべり止め付冷凍庖丁 白銀安来鋼 30cm ALI23030 fucoa.cl日本最大級 すべり止め付冷凍庖丁 白銀安来鋼 30cm ALI23030 fucoa.cl
小泉成器 KDS50229CT 電気敷毛布 | 家電 暖房器具 暖房機器 暖房 冬 寒さ 対策 寒さ対策 防寒 防寒対策 グッズ 足元 暖める 電気 オススメ 2018 安全 子供 高齢者 乾燥しない 一人用
有三 4
プラスチックの製品と同程度の価格で質感、見た目は価格以上で満足してます。

RiDATA RD2-SDX128G10U3 SDXCカード ブラック 全国送料無料 ハイレゾにも対応したエントリーモデル。迫力と臨場感あふれる音場。 TS-F1040SII カロッツェリア 車載用10cm2wayセパレート カスタムフィットスピーカー シマノ SHIMANO クーラーボックス フィクセル ライト RS 12リットル ホワイトブルー NF-G12S NF-G17S
日本最大級 すべり止め付冷凍庖丁 白銀安来鋼 30cm ALI23030 fucoa.cl日本最大級 すべり止め付冷凍庖丁 白銀安来鋼 30cm ALI23030 fucoa.cl
제일아쿠아제일아쿠아
おまけ付き雑貨・ホビー・インテリア 雑貨 雑貨品 関連グッズ アイデア 便利 グッズ コンセル シーソー SEESAW CW0050 お得 な全国一律 送料無料
하루의 시작은 엠씨뱅크 - 중고공작기계 직거래 장터하루의 시작은 엠씨뱅크 - 중고공작기계 직거래 장터
Amazonカスタマー 4
完全ワイヤレスイヤホン購入にあたり重低音モデルであるJVC HA-XC70BTと本機で迷った。JVCのイヤーピース本体のデザイン、音質には満足出来そうであった。しかし充電ケースのデザイン性、おもちゃのようなチープ感が好みではなく、サイズがコンパクトでないことも候補から外した理由である。イヤーピースのデザイン性、音質、通信の安定性、充電ケースのデザイン、コンパクト性、総合的に見て及第点に達しているのが、本機である。完全ワイヤレスを選ぶ理由はデバイスからの束縛とケーブルが顔や首にあたるストレスからの解放である。iPhoneを充電しながら、使用出来るのが何より便利。音質についてはワイヤレスというハンデを考慮しても妥協せざるを得ない。音質を求めるのであれば、有線を選ぶのは明らか。以下は比較対象に多少無理はあるが、普段使っているSONYの重低音に特化したモデルのカナル型有線イヤホンとの比較になる。本機の音質はやや低音域寄りが特徴的、乾いた明るめの中高音域、パーカッションシンバルは粗く、シャカ音が耳に付く、ヴォーカルのサ行も同様。中音域、ギターやヴォーカルはやや埋もれ、伸びも良くない。どちらかといえば、ゆるめのドンシャリ系。本機だけを聴けば、無難にこじんまりとまとめたという印象ではあるが、SONY重低音モデルと対比すれば情報量の違いは歴然としている。SONYモデルでは伴奏のパートが分離独立し、本機で聞こえないパートが聴き取れる。ヴォーカルは最前面におり、楽器の配置の距離感までうかがえるような臨場感、ライブ感がSONYモデルにはあるが、本機にはそれが見当たらず、音場も幅狭い平面にある。低域のドンはみぞおちの深いところからでなく表層で響く。音量も低く、音圧が不足しているのは明白。本機はSBCコーデックながら解像度はさほど悪くはないが、情報量は圧倒的にSONYモデルが優位である。感度は前者が96dB、後者が110dB。インピーダンスは前者が15Ω、後者が16Ωである。前者の再生周波数帯域は20Hz-20khz、後者が4Hz-24,000Hz両機種ともにエントリーモデルでスペック上に顕著な差異はなくとも、有線と無線では無理もないが、力量の差をまざまざと見せつけられた。この価格帯では致し方なしか。移動中、作業中、モバイル用途での『〜ながら聴き』では許容される音質レベル、ただリスニングに興じるには、やや役不足は否めない。イコライザー機能があればもっと楽しみかたも広がるであろう。また音量調節はデバイス側で行う。丸いカーキ色のJBLロゴ部分が操作ボタンとなる。はっきりとクリック感のあるボタンなので誤操作の心配はない。充電ケースに装着時はイヤーピース本体のインジケータは白色LEDで、ケースから着脱して、デバイス認識中はインジケータは青色LEDになり点滅する。充電ケース本体の充電中は充電ケースの3個の白色インジケータ点灯点滅し充電量を示す。イヤーピースインジケータ側にも赤色点滅によってバッテリー残量が警告される。このあたりは視覚的にも楽しめる。充電ケース本体の充電は付属のオレンジ色の充電用USBケーブルで行う。iPhoneの充電用USB電源アダプターに接続すればコンセントで充電可能である。充電器が自立すれば、イヤーピースの着脱がより容易になるだろう。付属のクイックスタートガイドは図示によるもので日本語表記の詳しい取扱説明書は付属していない。必要とあらばAmazonサイトからでもダウンロード可能である。イヤーピースを充電ケースから着脱するだけで起動し、自動で瞬時にデバイスに接続、ペアリングされる。充電ケースに装着すれば、自動でシャットダウンされる。イヤーピース本体側でも強制シャットダウンができイヤーピース片方だけでの使用も可能である。その際の起動音とシャットダウンの効果音が実にコミカルである。見た目のスタイリングとはミスマッチのようではあるが、昔どこかで聞いたことがあるような懐かしいサウンド。近未来的な無機質音ではなく、古いWindowsのコンピュータ音か?古いテレビゲームの効果音か?少々時代錯誤的サウンドであるが、これはご愛嬌。

中国广州快递转运空运海运到马来西亚新加坡西马吉隆坡代运集运仓中国广州快递转运空运海运到马来西亚新加坡西马吉隆坡代运集运仓
Daily New Arrivals 
  • ユーミン万歳!〜松任谷由実50周年記念ベストアルバム〜

    日本全国のファンとユーミン50周年を祝う究極のオールタイム・ベストアルバム!民放ラジオ99局“スピーカーでラジオを聴こう”キャンペーンの企画『ユーミンリクエストWEEK』に寄せられたリクエスト曲とエピソードを元に選曲した、日本全国のファンと、ユーミン50周年を祝う究極のオールタイム・ベストアルバム。約2万通に及んだエピソードのほとんどが、リスナーひとりひとりの人生に寄り添ってきたストーリー。改めてユーミンの楽曲が、長きに渡り、様々な人生を彩ってきたことが分かる、まさにリスナーの人生と共に歩んできた、リクエスト・ベストアルバム。新曲「Call me back」松任谷由実 with 荒井由実を収録。“50年の時を超えて”をテーマに、現在の松任谷由実と、最新のAIで再現された荒井由実のボーカルとの初のデュエットが実現。グラミー賞エンジニアGO HOTODAによる2022年最新リマスタリング。更に一部の曲は松任谷正隆がオリジナルマルチまで遡ってエディット&リミックス。特典映像『荒井由実×松任谷由実 ダイアローグ』は、AIで再現した荒井由実と、現在の松任谷由実の初の対談を収録。

  • one-man tour 2021-2022 -Editorial-@さいたまスーパーアリーナ

    Official髭男dismが、2021年9月より8ヶ月間全48公演開催され、全公演の総動員数が約30万人となった自身初のアリーナツアーのライブ音源を収録。

  • Blah Blah Blah

    JYPの大型新人にして、TWICEの妹分ITZYのJAPAN 2ndシングル。勢いあるK-POPシーンを発信源に、着実に日本での存在感を増幅しつつあるITZYが放つエッジーでハイクオリティな楽曲。「私の人生の主人公は私だから、他の人々の意味のない言葉に振り回されずに、堂々と私のスタイルで進んで行こう」をテーマに、主体的な彼女たちの自信あふれる姿を表現している。

  • Atrium

    声優・上田麗奈の2枚目のミニアルバム「Atrium」がリリース! 今までのアルバム同様、本人が楽曲テーマや曲順を考案。本作のテーマは「肯定」。今届けたいことを詰め込んだ新曲6曲を収録!

  • Δ(DELTA)

    にじさんじ所属のVtuberユニット、TRiNITYの2ndアルバム! 烏屋茶房、河田貴央、Q-MHz、チバニャン、TeddyLoid、広川恵一(MONACA)、FAKE TYPE.、藤林聖子、ポリスピカデリー、MATZ、渡辺翔といったクリエイター陣が参加。

  • CREAMPUFF LIVE2

    KAMITSUBAKI STUDIO所属のバーチャルラップシンガー春猿火による2022年8月6日にYouTube Liveにて開催された、ストリーミングカバーライブ 「シュークリームライブ 2」(CREAM PUFF LIVE 2)。春猿火によるセレクト楽曲を中心にカバー披露した全20曲+MCを完全収録。

  • FINAL FANTASY XIV: ENDWALKER - EP2

    ミニアルバム『FINAL FANTASY XIV: ENDWALKER - EP2』が、ダウンロードにて配信開始! パッチ6.2「禁断の記憶」、「異界孤城 トロイアコート」や「万魔殿パンデモニウム:煉獄編」など、新たな舞台での冒険を盛り上げた楽曲を収録。

  • VALKYRIE ELYSIUM Original Soundtrack

    アクションRPG『ヴァルキリーエリュシオン(VALKYRIE ELYSIUM)』のオリジナル・サウンドトラックが発売決定。北欧神話をモチーフに、独自の世界観で“人間の死"と“神々の存在"が描かれる「ヴァルキリー」シリーズ最新作より、物語を彩る楽曲たちを大ボリュームで収録致します。美しく繊細なゲーム実装曲のほか、ゲーム内未収録となるキャラクターのテーマ曲も収録。作曲家・桜庭統氏が手掛ける、美しく勇壮な楽曲の数々を是非ご堪能下さい。

  • Extreme Hearts キャラクターソング ソロバージョン

    V.A.

    TVアニメ『Extreme Hearts』、アニメ本編で登場する楽曲のソロバージョン全45曲が配信リリース!

  • Shadow Effect

    虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 ユニットシングルが連続リリース!本作は、DiverDiva【朝香果林(CV.久保田未夢)、宮下 愛(CV.村上奈津実)】の楽曲を収録。

  • ReLOVE & RePEACE

    高橋優 2年ぶりとなる8thオリジナルアルバム! テレビ東京系 ドラマ24『生きるとか死ぬとか父親とか』オープニングテーマ「ever since」、JICA海外協力隊 CMソング「Piece」、NHK BS1スペシャル「侍たちの栄光 ~野球日本代表 金メダルへの8か月」テーマソング「HIGH FIVE」を含む全12曲収録。

  • Patch

    尾崎雄貴(BBHF/ex. Galileo Galilei)のソロ・プロジェクト、warbearの5年ぶりとなるフルアルバム。BBHFでの数作品のリリースを経た影響か、前作 『Warbear』とは対照的に、明瞭でブリリアントなサウンドになっており、低く轟くベースフレーズや強く響き渡るスネアドラム、各所に散りばめられたサックスやボイスサンプルでレンジの広さを感じさせ、とてもカラフルに彩られている本作。本作には尾崎と同じく北海道札幌を中心に活動しているニューウェーブテクノバンドLAUSBUBのボーカルの高橋芽衣がコーラスとして参加しており、M4『気球だよ』M5『メートル法』M7『夏の限りを尽くしたら』で、尾崎の声と見事に溶け合い、Warbearの新たなカラーを生み出している。

  • SAYUMINGLANDOLL~未来~ オリジナルサウンドトラック3

    道重さゆみのオリジナル公演〈SAYUMINGLANDOLL~未来~ 〉オリジナルサウンドトラックの第3弾が配信スタート!

  • ファースト・ディケイド

    DOPING PANDAの再結成が記憶に新しいフルカワユタカが、10月5日にソロ5枚目となるフルアルバム!"ファースト・ディケイド(=最初の10年)"の名の通り、ソロ10年の活動を総括する全10曲収録の意欲作となっており、書き下ろし新曲はもちろん、ソロ1st ALに収録されているフルカワ珠玉のバラード「farewell」が「フェアウェル」として生まれ変わり、昨年に自身で演奏からミックスまでを手掛けた「BOY」「夏の鉄塔」の再録が含まれるなど、とても興味深い内容となっている。

  • Anywhere,Everywhere

    キャリア初の日本語詞にも挑戦 - COUNTRY YARD約2年半振り5thフルアルバム!彼らは前作『The Roots Evolved』をリリースして早々に日本中にパンデミックが襲いかかった。ツアーに出るタイミングもいわゆる第2波によりライブは軒並み中止や延期と、全くと言っていいほど満足行く活動が出来ずにいた。今作にはそんな彼らがこの2年間で見てきたもの、経験してきたものが詰まっており、アルバムタイトルにもそれを今「ここからそこ(リスナー)へ届ける」というメッセージが込められている。

  • piece of film

    とけた電球初のフルアルバム!過去に配信リリースしてきた楽曲と新曲11曲を収録!

  • 愛 FOR YOU

    KANAGAWA KEN-O #1 ROCK VOCALIST=DEATHRO、2年10か月ぶりとなるオリジナルアルバム遂に完成。 昨年リリースの再録ベスト『up"d"ates』よりツインギター&キーボードを迎え6人編成"D6"となったサポート陣と共に半年間をかけて制作された『愛 FOR YOU』には、3月に田島ハルコを監督に迎えたMVも好評の先行シングル『恋愛EVOLUTION』の監督本人を客演に迎えたアルバムバージョン『大恋愛EVOLUTION feat.田島ハルコ』を始め、より研ぎすまされたDEATHROのボーカルが様々な表情を魅せる10曲が収録されている。

  • Helheim

    盟友KOHHらと参加した「It G Ma」以降もBrodinski、SebastiAn、Surkin、Sam Tibaといったヨーロッパ圏のプロデューサーとの協業、Tohjiとの『KUUGA』など、独自のアーティスト性を貫き続けるLootaとBrodinski、Modulawとのコラボレーションアルバム『Helheim』。客演には先行シングルで客演していたTohji、Gliiicoに加え、韓国のラッパーMOSS OMENが参加し、Lootaの独創的なリリックから紡ぎ出される世界観に呼応するように才能を開花させている。また、クリエイティブディレクションはKiriが担当し、アートワークは以前からLootaのアートワークを手がけているPhilippe Cuendetが制作。国境を跨ぎグローバルに活動するLootaの新たなマスターピースが誕生した。

  • HAPPY END(24bit/192kHz)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●ロサンゼルスでレコーディングされた彼らの3作目にしてベルウッド移籍第1弾。 ●本作は1972年9月に録音され、その年末には実質的活動を終えていたバンドにとってはラスト・アルバムでもある。 ●メンバー各々の当時の方向性が表われたオムニバス的な評価もありつつ、4人組のグループとして最後の煌きを感じさせる作品。ヴァン・ダイク・パークスによるプロデュースやローウェル・ジョージの参加がそれに華を添えている。

  • ごあいさつ(24bit/192KHz)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●彼のキャリアにおけるだけでなく、日本のフォーク史上でも傑作との評判が高いメジャー・デビュー作。 ●現代詩とアメリカン・フォークを融合させるスタイルをとりながらも、そこに確固たるオリジナリティを生み出すことに成功。のちのステージでも歌い継がれる代表曲を多数収録した本作は、はっぴいえんどら豪華バック・ミュージシャンの貢献も見逃せない。 ●印象的なジャケットのアートワークは河村要助と湯村輝彦によるもの。

  • センチメンタル通り(24bit/192kHz)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●はっぴいえんどとともに“日本語のロック”を切り拓いた彼らの唯一のオリジナル作にして不屈の名盤。 ●グレイトフル・デッドやザ・バンドに影響を受けた音楽性とクールでクリティシズムを持った詞によって、当時の東京ダウンタウンの情景や空気を見事に真空パックしてみせた作品。 ●のちにつながるムーンライダーズともまた違う、まさにワン&オンリーの存在感を示したバンドが残した永遠に聴き継がれるべきマスター・ピース。

  • 乙女の儚夢(24bit/192kHz)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●ベルウッドレコードのシングル第1弾として発売され大ヒットを記録した「赤色エレジー」をフィーチャーしたメジャー・デビュー・アルバムにして不朽の名作。 ●大正儚夢の世界とブリティッシュ・トラッドにインスパイアされたフォーク・ロック・サウンドが交錯する幽玄なサウンドスケープは唯一無二。 ●はちみつぱいのバック・アップに加え、鈴木 茂、友部正人、遠藤賢司らも参加した本作は、彼一流の美学によって構築された一大絵巻。

  • ディランにて(24bit/192kHz)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●大阪のコーヒーハウス“ディラン”で生まれたグループ、ザ・ディランでの活動を経た彼が満を持して発表したソロ・デビュー作。当時、流行のフォーク・ソングとは一線を画す幅広い作風が人気を集めた。 ●シンプルで無駄のないバックのサウンドが魅力的な楽曲と味わい深いヴォーカルを浮かび上がらせる本作には数多のカヴァーを生んだ名曲「プカプカ」を収録。シンガー・ソングライターとしての芳醇な魅力溢れる文句なしの名盤。

  • アウト・オブ・マインド(24bit/192kHz)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●URCから3枚のアルバムを発表して人気を得ていた彼がベルウッドに移籍して発表した4作目。 ●それまでのプロテスト・シンガーとしてのイメージを一新するかのような開放感溢れる作品に仕上げている。鈴木 茂のハックルバックを起用してのサウンドはのちに展開するスワンプ・ロック路線への布石にもなった。 ●「2分間のバラッド」といったスパイスを効かせながらも、全体に漂うファンキーなサウンドが心地良い作品。

  • キングサーモンのいる島(24bit/192kHz)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●ベルウッドレコードの第1号作品にして彼らのメジャー・デビュー作。 ●1968年の結成からメンバー・チェンジを繰り返していた彼らが第八次のラインナップで世に送り出した本作は、外国のフォーク・ソングのコピーやメッセージ・フォークからの脱却を果たし、シーンに新たな風を吹き込んだ。 ●まさにシティ・ポップの源流とも言える記念碑的作品ながら、ほどなくして解散へと向かった彼らにとっては唯一のオリジナル・アルバム

  • CITY/はっぴいえんどベスト・アルバム(24bit/192kHz)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●解散コンサートのタイミングでリリースされたベスト盤。 ●矢吹申彦によるジャケットのアートワークは楽譜集などにも使われて話題となった。 ●3枚のオリジナル・アルバムから代表曲がセレクトされているだけでなく、小坂 忠がコーラスで参加した「はいからはくち」の別ヴァージョンと、1971年に行なわれた全日本フォーク・ジャンボリーでの「かくれんぼ」といったレア・トラックも収録。彼らの歴史を俯瞰するのに最適な作品。

  • シングルス・はっぴいえんど(24bit/192kHz)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●キング/ベルウッドからリリースされたはっぴいえんどの3枚および大瀧詠一、細野晴臣のソロも含めたシングル両面を収めた編集盤。 ●その名の通りすべてシングル音源で構成されており、はっぴいえんどの「12月の雨の日」「はいからはくち」は別ヴァージョン。またアルバム未収録だった大瀧の「空飛ぶくじら」が初収録され、「恋の汽車ポッポ」「それはぼくぢゃないよ」「五月雨」も別ヴァージョンが収録されている貴重作。

  • ライブ!!はっぴいえんど(24bit/192kHz)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●1973年9月21日に東京・文京公会堂で行なわれた“CITY - Last Time Around”の模様を収録したライブ盤でまさに貴重なドキュメント。 ●コンサートは彼らの解散を記念するだけでなく、メンバーの新しい活動をお披露目する意味もあったため、大瀧詠一とココナツ・バンクや西岡恭蔵の音源も収録された。 ●レコードとは異なるアレンジで演奏された楽曲は、彼らが最後までクリエイティヴだったことの証明。

  • HAPPY END(DSD 11.2MHz/1bit)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●ロサンゼルスでレコーディングされた彼らの3作目にしてベルウッド移籍第1弾。 ●本作は1972年9月に録音され、その年末には実質的活動を終えていたバンドにとってはラスト・アルバムでもある。 ●メンバー各々の当時の方向性が表われたオムニバス的な評価もありつつ、4人組のグループとして最後の煌きを感じさせる作品。ヴァン・ダイク・パークスによるプロデュースやローウェル・ジョージの参加がそれに華を添えている。

  • ごあいさつ(DSD 11.2MHz/1bit)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●彼のキャリアにおけるだけでなく、日本のフォーク史上でも傑作との評判が高いメジャー・デビュー作。 ●現代詩とアメリカン・フォークを融合させるスタイルをとりながらも、そこに確固たるオリジナリティを生み出すことに成功。のちのステージでも歌い継がれる代表曲を多数収録した本作は、はっぴいえんどら豪華バック・ミュージシャンの貢献も見逃せない。 ●印象的なジャケットのアートワークは河村要助と湯村輝彦によるもの。

  • センチメンタル通り(DSD 11.2MHz/1bit)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●はっぴいえんどとともに“日本語のロック”を切り拓いた彼らの唯一のオリジナル作にして不屈の名盤。 ●グレイトフル・デッドやザ・バンドに影響を受けた音楽性とクールでクリティシズムを持った詞によって、当時の東京ダウンタウンの情景や空気を見事に真空パックしてみせた作品。 ●のちにつながるムーンライダーズともまた違う、まさにワン&オンリーの存在感を示したバンドが残した永遠に聴き継がれるべきマスター・ピース。

  • 乙女の儚夢(DSD 11.2MHz/1bit)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●ベルウッドレコードのシングル第1弾として発売され大ヒットを記録した「赤色エレジー」をフィーチャーしたメジャー・デビュー・アルバムにして不朽の名作。 ●大正儚夢の世界とブリティッシュ・トラッドにインスパイアされたフォーク・ロック・サウンドが交錯する幽玄なサウンドスケープは唯一無二。 ●はちみつぱいのバック・アップに加え、鈴木 茂、友部正人、遠藤賢司らも参加した本作は、彼一流の美学によって構築された一大絵巻。

  • ディランにて(DSD 11.2MHz/1bit)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●大阪のコーヒーハウス“ディラン”で生まれたグループ、ザ・ディランでの活動を経た彼が満を持して発表したソロ・デビュー作。当時、流行のフォーク・ソングとは一線を画す幅広い作風が人気を集めた。 ●シンプルで無駄のないバックのサウンドが魅力的な楽曲と味わい深いヴォーカルを浮かび上がらせる本作には数多のカヴァーを生んだ名曲「プカプカ」を収録。シンガー・ソングライターとしての芳醇な魅力溢れる文句なしの名盤。

  • アウト・オブ・マインド(DSD 11.2MHz/1bit)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●URCから3枚のアルバムを発表して人気を得ていた彼がベルウッドに移籍して発表した4作目。 ●それまでのプロテスト・シンガーとしてのイメージを一新するかのような開放感溢れる作品に仕上げている。鈴木 茂のハックルバックを起用してのサウンドはのちに展開するスワンプ・ロック路線への布石にもなった。 ●「2分間のバラッド」といったスパイスを効かせながらも、全体に漂うファンキーなサウンドが心地良い作品。

  • キングサーモンのいる島(DSD 11.2MHz/1bit)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●ベルウッドレコードの第1号作品にして彼らのメジャー・デビュー作。 ●1968年の結成からメンバー・チェンジを繰り返していた彼らが第八次のラインナップで世に送り出した本作は、外国のフォーク・ソングのコピーやメッセージ・フォークからの脱却を果たし、シーンに新たな風を吹き込んだ。 ●まさにシティ・ポップの源流とも言える記念碑的作品ながら、ほどなくして解散へと向かった彼らにとっては唯一のオリジナル・アルバム

  • CITY/はっぴいえんどベスト・アルバム(DSD 11.2MHz/1bit)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●解散コンサートのタイミングでリリースされたベスト盤。 ●矢吹申彦によるジャケットのアートワークは楽譜集などにも使われて話題となった。 ●3枚のオリジナル・アルバムから代表曲がセレクトされているだけでなく、小坂 忠がコーラスで参加した「はいからはくち」の別ヴァージョンと、1971年に行なわれた全日本フォーク・ジャンボリーでの「かくれんぼ」といったレア・トラックも収録。彼らの歴史を俯瞰するのに最適な作品。

  • シングルス・はっぴいえんど(DSD 11.2MHz/1bit)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●キング/ベルウッドからリリースされたはっぴいえんどの3枚および大瀧詠一、細野晴臣のソロも含めたシングル両面を収めた編集盤。 ●その名の通りすべてシングル音源で構成されており、はっぴいえんどの「12月の雨の日」「はいからはくち」は別ヴァージョン。またアルバム未収録だった大瀧の「空飛ぶくじら」が初収録され、「恋の汽車ポッポ」「それはぼくぢゃないよ」「五月雨」も別ヴァージョンが収録されている貴重作。

  • ライブ!!はっぴいえんど(DSD 11.2MHz/1bit)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●1973年9月21日に東京・文京公会堂で行なわれた“CITY - Last Time Around”の模様を収録したライブ盤でまさに貴重なドキュメント。 ●コンサートは彼らの解散を記念するだけでなく、メンバーの新しい活動をお披露目する意味もあったため、大瀧詠一とココナツ・バンクや西岡恭蔵の音源も収録された。 ●レコードとは異なるアレンジで演奏された楽曲は、彼らが最後までクリエイティヴだったことの証明。

  • ライブ!!はっぴいえんど

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●1973年9月21日に東京・文京公会堂で行なわれた“CITY - Last Time Around”の模様を収録したライブ盤でまさに貴重なドキュメント。 ●コンサートは彼らの解散を記念するだけでなく、メンバーの新しい活動をお披露目する意味もあったため、大瀧詠一とココナツ・バンクや西岡恭蔵の音源も収録された。 ●レコードとは異なるアレンジで演奏された楽曲は、彼らが最後までクリエイティヴだったことの証明。

  • 放送禁止歌

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●シングルでの先行発売を前に問題とされた詞の一部を改変した表題曲は、結局タイトル自体が当局を揶揄しているとされ、さらに「月経」「大島節」がわいせつとの判断を受けた結果、まさしく放送禁止、発売後即回収(その後『途中』と改題、曲も差し替えて再発)となった。 ●それが40年の時を超えて、回収の憂き目に遭った幻の初回オリジナル盤のバージョンでついに初CD化。時代に翻弄され続けたアルバムの本質がここに明らかに。

  • 南正人ファースト

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●永遠のビートニク・シンガーと評される彼がキャラメル・ママのバック・アップを受けて制作した2作目。 ●一時業界から距離を置いていたが、本作の制作を機に心機一転するという意味がタイトルに込められている。 ●八王子にあった自宅の庭でレコーディングされており、アーシーで有機的な雰囲気のなか洗練されたサウンドを展開。ブルージーなヴォーカルとファンキーなグルーヴがマッチした彼の代表作。

  • HAPPY END

    ヴァン・ダイク・パークスがプロデュースしたLA録音盤で、はっぴいえんどのラスト・アルバムとなった作品。ローウェル・ジョージ参加。

  • 東京

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●六文銭の解散~新六文銭の結成、消滅という激動後に発表されたソロ第2弾。 ●ロック・バンドを体験したことによってソロ作においてもそのスタイルを試みた結果、ボブ・ディラン&ザ・バンドを彷彿させるかのようなサウンドが完成。さらにコンセプト・メーカーとして新進気鋭の作詞家だった白石ありすを抜擢して高い統一感を感じさせるアルバムとなった。 ●はちみつぱいの橿渕哲郎、岡田 徹も参加。ジャケット写真は鋤田正義。

  • CITY/はっぴいえんどベスト・アルバム

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●解散コンサートのタイミングでリリースされたベスト盤。 ●矢吹申彦によるジャケットのアートワークは楽譜集などにも使われて話題となった。 ●3枚のオリジナル・アルバムから代表曲がセレクトされているだけでなく、小坂 忠がコーラスで参加した「はいからはくち」の別ヴァージョンと、1971年に行なわれた全日本フォーク・ジャンボリーでの「かくれんぼ」といったレア・トラックも収録。彼らの歴史を俯瞰するのに最適な作品。

  • 武蔵野タンポポ団の伝説

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●高田 渡とシバ、若林純夫らによって結成された日本初のジャグ・バンドによる唯一のオリジナル作。ステージでは山本コータローら多数のミュージシャンもジョイントした。 ●もともとは1971年に行なわれた第3回中津川フォーク・ジャンボリーのためだけに結成されたはずが、好評のためメンバーを入れ替えて再結成。その中津川のメイン・ステージでの演奏やスタジオ・テイク、72年の春一番コンサートでの模様などを収録。

  • また恋をしてしまったぼく

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●自身曰く3枚半目のアルバムと語る作品にして前作『25年目のおっぱい』の続編として制作されたもの。 ●プロデュースを手がけた中川イサトを始め藤井 裕、国府輝幸やセンチメンタル・シティ・ロマンスの中野督夫、細井 豊、野口明彦らが参加。私小説のような自作の歌詞に混じって、J.D.サウザーの「夜盗のように」やクリス・クリストファーソンの「ミー・アンド・ボビー・マギー」を名訳してみせた“歌心”ある傑作。

  • フォーク・ギター

    V.A.

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●『フォーク・ギターの世界』に続く教則レコードの第2弾でデュオを組んでいたことでも知られる村上 律と中川イサトによる監修。 ●練習曲として「赤色エレジー」「プカプカ」といった“新しい日本語のフォークとロック”の楽曲が収められ、歌や演奏などもあがた森魚や高田 渡、鈴木 茂に細野晴臣といった、いわば“ベルウッド・オール・スターズ”によって制作された作品。 ●クレジットこそないがデビュー前の矢野顕子も参加。

  • フォーク・ギターの世界

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●1970年にキングレコードから発売された同タイトルのギター教則レコードを拡張版として再発。 ●小室 等と小林雄二の監修のもとフォーク・ソングの伴奏用テクニックを学ぶために制作された作品で、ピーター、ポール&マリーやサイモン&ガーファンクルといったフォーク・ソングの名曲の数々を収録。 ●実はベルウッドを創設した三浦光紀と小室 等が出会ったアルバムでもあり、ここからすべてが始まったと言える見逃せない作品。

  • 噫無情(レ・ミゼラブル)

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●“映画(キネマ)”をテーマにしたコンセプト・アルバムにして彼の最高傑作の呼び声も高い2作目。 ●松本 隆のプロデュース作でもあり、研ぎ澄まされた言葉と繊細なサウンドが絶妙のバランスで共存する耽美な世界は永遠のものと思わせるほどに完成度が高い。 ●バックを務めるはちみつぱいや矢野 誠はもちろん、ロマンティックなデュエットを聴かせる緑 魔子も含めて役者が揃った“魅惑の名画”といった趣を感じさせる逸品

  • キングサーモンのいる島

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●ベルウッドレコードの第1号作品にして彼らのメジャー・デビュー作。 ●1968年の結成からメンバー・チェンジを繰り返していた彼らが第八次のラインナップで世に送り出した本作は、外国のフォーク・ソングのコピーやメッセージ・フォークからの脱却を果たし、シーンに新たな風を吹き込んだ。 ●まさにシティ・ポップの源流とも言える記念碑的作品ながら、ほどなくして解散へと向かった彼らにとっては唯一のオリジナル・アルバム

  • センチメンタル通り

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●はっぴいえんどとともに“日本語のロック”を切り拓いた彼らの唯一のオリジナル作にして不屈の名盤。 ●グレイトフル・デッドやザ・バンドに影響を受けた音楽性とクールでクリティシズムを持った詞によって、当時の東京ダウンタウンの情景や空気を見事に真空パックしてみせた作品。 ●のちにつながるムーンライダーズともまた違う、まさにワン&オンリーの存在感を示したバンドが残した永遠に聴き継がれるべきマスター・ピース。

  • 名前のない君の部屋

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●コンサートで意気投合した国吉良一をプロデューサー/アレンジャーに迎えて制作された2枚目のソロ・アルバム。それもあって前作よりもポップなサウンドづくりがなされている。 ●その叙情的なストーリーテラーぶりは、作詞家としても高い評価を得ていくことになる。阿久 悠が作詞してシングル・カットもされた「東京暮色」やCMで使われた「冬の音(糸車 風の音)」「おやすみなさい」などを収録した今でも人気が高い作品。

  • 系図

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●没後もその独特の世界観が支持され続けている彼が、“吉祥寺フォーク”の第一人者として人気だった時期に発表されたメジャー第2弾。 ●金子光晴や山之内獏らの現代詩から、元死刑囚の永山則夫らの詩までをも、見事に高田ワールドへと昇華させた傑作。 ●脇を固める吉祥寺仲間の武蔵野タンポポ団や中川イサト、村上 律らのサポートも光る。「あしたはきっと」の作者でもあるいとうたかおが、のちにデビューするきっかけにもなった作品。

  • 私は月には行かないだろう

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●日本の音楽シーンを先導し続ける彼の初のソロ・アルバムにしてベルウッドレコード設立の発火点にもなった重要作。 ●現代詩人の作品をフォークに導入した先駆けであると同時に、ジャンルを超えてさまざまな音楽的実験にも取り組んだ。ジャズの佐藤允彦や田畑貞一を始めロックのクニ河内と成毛 滋、そして冨田 勲らと繰り広げる壮大な音のパノラマは今も聴き手を刺激する。 ●初作において新たなる次元を目指した画期的な作品。

  • 僕は天使ぢゃないよ

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●林 静一の人気漫画「赤色エレジー」を原作に、あがたが制作・監督・脚本・主演を務めた映画のサウンドトラック。 ●自身の楽曲と大瀧詠一のソロ・アルバムからの3曲、ティン・パン・アレーによるインストゥルメンタルを収録。矢野 誠のアレンジも光る。 ●映画とシンクロしつつも作品として独立した魅力を持ち合わせており『乙女の儚夢』『噫無情(レ・ミゼラブル)』に続くあがたの初期3部作の1枚としての評価も高い作品。

  • いとうたかお

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●現在も名古屋を拠点に活動を続けている彼のデビュー・アルバム。 ●高校時代から活動を始め、本作にも収録されている「あしたはきっと」が高田 渡の『系図』に本人のヴォーカルで収録されて注目を集める。 ●72年に同曲でシングル・デビューしたのちに発表されたこのアルバムは中川イサトのプロデュースによるもの。盟友の高田を始め、村上 律、岡田 徹、伊藤銀次らが織り成すサウンドに、彼の芯の強い歌声がマッチした作品。

  • 30才

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●京都のフォーク・シーンの黎明期から活動を始め、その後はURC、ベルウッドでディレクターも務めた彼の唯一の作品。 ●当時、夫人の実家が所有していたという津田沼の矢作行仁氏の自宅において、加川 良、中川イサトとのトリオでのセッションという形で制作された。 ●また自身の息子に捧げられたものでもあり、ハート・ウォーミングなサウンドが魅力。 ●本作を残して一線を退いたバンジョーの名手による飾り気のないアルバム。

  • 悲しみの街

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●大塚まさじ、西岡恭蔵、永井ようからなるザ・ディランを再編してみせたアルバム。 ●3人を中心に石田長生や佐藤 博、長田和承、田中章弘、林 敏明ら大阪のロック・ミュージシャンが一堂に会して制作された。 ●当初はディランⅡのベルウッド移籍に伴うある種モニュメントな企画だったが、このときのレコーディング・メンバーでライヴも行なうなど大きな拡がりを見せ、黎明期の関西ロック・シーンを活性化させた作品にもなった。

  • デッドヒート'74年ライブ

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●1974年9月10日に新宿厚生年金会館大ホールで収録されたライヴ・アルバム。 ●バック・バンドのファクトリーを中心に、木田高介やホーン・セクション、ストリングスまでも加えた陣容で進むステージングは圧巻であると同時に、彼の音楽性の幅広さを痛感させられる。 ●そのプロデューサー的視点からのコンダクトは隅々までに行き渡り、黒田征太郎の字を使った小島 武の秀逸アートワークも含めて高いトータル性を誇っている。

  • 乙女の儚夢

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●ベルウッドレコードのシングル第1弾として発売され大ヒットを記録した「赤色エレジー」をフィーチャーしたメジャー・デビュー・アルバムにして不朽の名作。 ●大正儚夢の世界とブリティッシュ・トラッドにインスパイアされたフォーク・ロック・サウンドが交錯する幽玄なサウンドスケープは唯一無二。 ●はちみつぱいのバック・アップに加え、鈴木 茂、友部正人、遠藤賢司らも参加した本作は、彼一流の美学によって構築された一大絵巻。

  • シングルス・はっぴいえんど

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●キング/ベルウッドからリリースされたはっぴいえんどの3枚および大瀧詠一、細野晴臣のソロも含めたシングル両面を収めた編集盤。 ●その名の通りすべてシングル音源で構成されており、はっぴいえんどの「12月の雨の日」「はいからはくち」は別ヴァージョン。またアルバム未収録だった大瀧の「空飛ぶくじら」が初収録され、「恋の汽車ポッポ」「それはぼくぢゃないよ」「五月雨」も別ヴァージョンが収録されている貴重作。

  • 風景

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●東海ラジオ「ミッドナイト東海」のDJとしても人気を博していた時期に発売されたセカンド・アルバム。 ●先行シングル「たまねぎ」や西岡恭蔵の「街の君」といったポップな面と出身地である秋田の民謡「秋田草刈歌」「秋田甚句」などの土着的な面をバランス良く織り交ぜた作品。 ●バック・バンドのマイ・ペースや松木恒秀、渡辺 勝、高橋幸宏、矢島 賢らが参加。ポピュラリティと自己のアイデンテティの追求を両立させた充実作。

  • この世を悲しむ風来坊に捧ぐ

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●ベルウッドに移籍して発表された通算3作目にしてラスト・アルバム。 ●石田長生を中心としたThisをメインに有山淳司や駒沢裕城、塩次伸二らも参加してロック/ポップ色を強めた作品となった。 ●スタジオ・ヴァージョンが初お目見えとなった彼らの代表曲「時は過ぎて」から、休みの国「追放の唄」や細野晴臣「恋は桃色」のカヴァーなど幅広いサウンドを展開。フォークからニューミュージックへと移り行く時代に残された名

  • 時は過ぎて〜ザ・ディランⅡライヴ

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●1974年11月21~27日までの1週間に渡って東京・池袋のシアター・グリーンで行なわれた解散コンサートの模様を収録したライヴ・アルバム。 ●そこには多数の所縁のゲストも登場したが、本作には大塚まさじと永井ようの二人によるシンプルなアコースティック・セットを収録。最後を迎えるにあたって原点に立ち戻ったかのようなスタンスにベスト・オブ・ベストとも言うべき選曲は彼らの活動の集大成に相応しい作品。

  • ごあいさつ

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●彼のキャリアにおけるだけでなく、日本のフォーク史上でも傑作との評判が高いメジャー・デビュー作。 ●現代詩とアメリカン・フォークを融合させるスタイルをとりながらも、そこに確固たるオリジナリティを生み出すことに成功。のちのステージでも歌い継がれる代表曲を多数収録した本作は、はっぴいえんどら豪華バック・ミュージシャンの貢献も見逃せない。 ●印象的なジャケットのアートワークは河村要助と湯村輝彦によるもの。

  • シングルス・六文銭

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●キング/ベルウッドからリリースされた六文銭関連のシングル両面を収めた編集盤。 ●小室 等のソロ「雨が空から降れば/私は月には行かないだろう」や大ヒット曲ながら六文銭のアルバムには入れなかった上條恒彦との「出発の歌」、及川恒平をフィーチャーした「面影橋から/夢のまた夢」なども聴けるが、メジャー・デビュー・シングル「さよならだけが人生ならば/守らずにいられない」と自主制作EPからの「和歌」収録が目玉。

  • 巡礼

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●名古屋出身で春一番コンサートなどでも活躍した彼の唯一の作品。 ●センチメンタル・シティ・ロマンスらと共演するなど新世代のシンガー・ソングライターとして期待され、国吉良一のサウンド・プロデュースによって制作されたのが本作。 ●かしぶち哲郎、吉田 健、平野兄弟らに加え、徳武弘文も参加してカントリー・ロック・テイストの開放感溢れるサウンドを聴かせる。 ●しかし何よりも彼の素朴で優しい歌声に心癒されるアルバム。

  • 忘れたお話

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●第2回世界歌謡祭で優勝した「出発の歌」の作詞者として、また小室 等とともに六文銭の中心メンバーとして活躍していた彼の初のソロ・アルバム。 ●その叙情性溢れる歌詞と艶やかなヴォーカルで、グループ時代とはまたひと味違う魅力を提示して見せた。 ●幻の新六文銭がバックを務めた「雨が降りそうだなあ」「何もしてあげられないよ」にも注目だが、何よりも彼のシンガー・ソングライターとしての稀有な才能が堪能できる作品。

  • 街行き村行き

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●はっぴいえんど解散直後の細野晴臣をプロデューサーに迎えて制作された2作目で、その後互いに影響を与えあっていくスタートともなった重要作。 ●バックを務める鈴木 茂やはちみつぱいのメンバーらと絡むことで、前作より洗練されたシティ・ポップ的な要素も含んだアルバムとして人気も高い。 ●春一番コンサートのテーマ曲「春一番」や「パラソルさして」などで聴かれる特有のおおらかさは彼ならでは魅力を表わしている名曲。

  • 2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●現代詩を素材とするスタイルはそのままにジャズ歌謡や戦前歌謡へのアプローチを見せたメジャー第3弾。 ●江藤 勲、ジミー竹内、柳田ヒロ、松本 隆といった豪華ミュージシャンの起用もあって、すでにフォークといういちジャンルを超えた作品に仕上げているが、なかでも園田憲一とデキシーキングスをフィーチャーした「私の青空」のカヴァーは出色の出来映え。 ●実父である高田 豊の詩に曲をつけた「火吹竹」も心に沁みる名曲。

  • ライブ!山平和彦

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●1973年12月22日に名古屋市公会堂で行なわれたリサイタルの模様を収録したライブ盤。 ●自身のバンドであるマイ・ペースやセンチメンタル・シティ・ロマンス、新東京弦楽四重奏団、コーラスのコーロ・ア・マービレを従えて4時間にも及んだコンサートを2枚組にまとめたもの。 ●新曲も含めたグレイテスト・ヒッツの様相を見せるステージで彼の当時の集大成を記録した作品と言えるだろう。 ●西岡恭蔵が「街の君」でゲスト出演。

  • アウト・オブ・マインド

    2022年にレーベル設立50周年を迎えた〈ベルウッド・レコード〉の名盤の数々が配信解禁! ●URCから3枚のアルバムを発表して人気を得ていた彼がベルウッドに移籍して発表した4作目。 ●それまでのプロテスト・シンガーとしてのイメージを一新するかのような開放感溢れる作品に仕上げている。鈴木 茂のハックルバックを起用してのサウンドはのちに展開するスワンプ・ロック路線への布石にもなった。 ●「2分間のバラッド」といったスパイスを効かせながらも、全体に漂うファンキーなサウンドが心地良い作品。

Updated weekly 
  • NEVER SAY GOODBYE

    ALI

    アニメ「ゴールデンカムイ」オープニングテーマ

  • páː

    諭吉佳作/men、3カ月連続配信シングルの第2弾「pάː」をリリース

  • おまも

    メレ 四季連続シングルリリース企画秋作品

  • make good shit

    ガレージロックバンドinner flight、2022年9月28日に1年ぶりとなる新作EP「make good shit」をリリース。 リリースは昨年7月の1st EP「here you are, junkie」以来となり、今作も前作同様にこれまでのライブレパートリーを録音した形となっている。

  • JUDY JUDY JUDY

    a flood of circleの佐々木亮介(Vo)が、ソロ楽曲「JUDY JUDY JUDY」を配信リリース

  • Left Alone feat. 土岐麻子

    Deep Sea Diving Club、新曲「Left Alone feat.土岐麻子」を配信リリース。 今作ではシティポップ界の女神こと土岐麻子とタッグ。新曲について谷颯太(Gt.Vo)は「浸るもよし、踊るもよしです」、土岐麻子は「バンドの一員になったような気持ち」とコメントしている。

  • いまだけ

    毎月リリース第6弾! 今作は4月配信楽曲である「オーマイガール」など数多くの楽曲を手掛けた中村泰輔と再びタッグを組み、作詞は足立佳奈との共同で手掛けた1曲。

View More 
  • ロスレスとは~音の違いを聴き比べよう~

    コラム
  • REVIEWS : 050 ダンス / エレクトロニック(2022年09月)──田中亮太

    連載
  • 音楽ライターが選ぶ今月の1枚(2022年9月)──ヨットヘヴン『健康快樂』

    連載
  • Deep Sea Diving Clubが産み出す、メロウでフリーキーなグルーヴ

    インタヴュー
  • 日本のフォーク、ロックの黎明期を支えた〈ベルウッド・レコード〉の未配信作が解禁!

    コラム
  • 【第三期BiS 連載vol.32】必要なのは圧倒的感──復活を遂げたトギーが語る、これからのBiS

    インタヴュー
  • 先週のオトトイ(2022年09月26日)

    連載
  • TikTokで話題のドラマー、葵がアーティスト・デビュー! "青い"プロジェクトで魅せる、本当の自分

    インタヴュー
  • ”声優”ではなく、山村響という“人”が届ける音──メイン・ディッシュだらけの新作になった理由

    インタヴュー
  • 超人的シェアハウスストーリー『カリスマ』──その魅力に迫る!

    インタヴュー
  • “ZUNTATA”でお馴染み、タイトーのゲーム音楽が一挙追加!

    コラム
  • ロックの矛先はパラダイスではない──踊ってばかりの国の日常と精神性を映した新作EP

    インタヴュー
  • どこでも踊ろう!──the telephonesを全員で見つめ、生まれた“極踊”な新作

    インタヴュー
  • やりたいことが増えて満足してないです──バンドになったcolormalが目指す色彩と普遍

    インタヴュー
View More 
  • OTOTOY PREMIUM

    「OTOTOY PREMIUM」に加入し『PREMIUM会員』になると4つのサービスが受けられます。 ①ポイント還元率アップ、②「ハイレゾプレイバック」が使用可能に、③誕生月にはもれなくプレゼントが、④抽選で特製レア・グッズも。そして『PREMIUM会員』から『SUPER PREMIUM会員』へとランクアップするとさらなるサービスが!

    ¥ 1,000

  • OTOTOY T-shirt(ブラック/ポケット無し)

    OTOTOYのTシャツ第二弾! フロントの胸元にブロックロゴをシルク印刷。 日常使いはもちろん、ライブやフェスなどタフに着られます。

    ¥ 2,500

  • OTOTOY T-shirt(ホワイト/ポケット有り)

    OTOTOYのTシャツ第二弾! フロントの胸元にブロックロゴをシルク印刷。 日常使いはもちろん、ライブやフェスなどタフに着られます。

    ¥ 2,600

  • AVIOT TE-D01g-BK(ブラック)

    日本発のオーディオブランド、AVIOTからクラスを遥かに凌駕する高音質とハイスペックを両立し、手のひらに収まる小型化を実現した完全分離型のワイヤレス・イヤフォン「TE-D01g」

    ¥ 7,980

  • OTOTOY Sticker ハガキサイズ

    OTOTOYロゴをハガキサイズに詰め込んだステッカーです!ロゴのまわりがハーフカットされているので、ひとつずつめくって貼ることができます。屋外で1年程度の耐候性があります(使用環境によって変動します)。

    ¥ 350

  • OTOTOY CARD

    OTOTOY内で使用可能なポイントがチャージ可能なカード。 家族やお友達に、お祝いなどの様々なシーンで贈り物としてご利用出来ます。 ポイントの使用期限はございませんので、OTOTOYが持つ30万以上のタイトルがいつでも好きな時に、好きな楽曲を購入可能です。

    ¥ 2,000

Best Sellings

View More 

Top Artists

View More 
  • 瞬間的シックスセンス

    約1年半振りとなる2ndアルバム「瞬間的シックスセンス」発売決定! 『満月の夜なら』『マリーゴールド』『今夜このまま』のシングル3曲に加え、2019年1月25日(金)公開の映画「あした世界が終わるとしても」の主題歌&挿入歌となる『あした世界が終わるとしても』『ら、のはなし』、2018年10月からフジテレビ系「めざましどようび」テーマソングとなっている『プレゼント』等全12曲を収録。 すべてアートワークは過去作に続き、とんだ林蘭が手掛けている。

  • singularity

    tacica、約3年ぶりとなるオリジナル・アルバム『singularity』をリリース。 ストレートなロックでメッセージの強い「デッドエンド」や、耳あたりの良いバラードと思いきやトリッキーな展開が癖になる「人間讃歌」など新曲が9曲収録。一昨年立ち上げたプライベート・レーベル"SEMELPROUS(セメルパルス)"としては1枚目となるアルバムで、新たなステップを踏みつつtacicaをより深く掘り下げたコンセプト・アルバムとなっている。

  • SOFTLY

    山下達郎、11年ぶりのオリジナル・アルバムがダウンロード配信開始!大ヒットシングル「RECIPE (レシピ) 」「ミライのテーマ」「うたのきしゃ」 「REBORN (リボーン)」「CHEER UP! THE SUMMER」「光と君へのレクイエム」「ANGEL OF THE LIGHT」をNEW MIXにて収録。 その他話題のCMソング「SHINING FROM THE INSIDE」「LEHUA, MY LOVE」の音源も収録した全15曲。

  • 祝福

    デビュー曲「夜に駆ける」がBillboard Japan HOT100 / Streaming Songsで2020年年間1位を獲得、NHK紅白歌合戦出場の果たし、最もブレイクしたアーティストの地位を不動のものとしたユニットYOASOBI。そんな彼らの新曲が、ガンダムシリーズのTVアニメ最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』のオープニングテーマに起用。シリーズ構成・脚本を担当する大河内一楼が、本楽曲の為に書き下ろした小説「ゆりかごの星」を原作として制作。物語で描かれる主人公 スレッタの成長、彼女に寄り添い見守る主人公機“ガンダム・エアリアル“との絆が、疾走感溢れる力強いサウンドにのせて綴られた楽曲となっている。

  • ノクターナル

    ガールズグループ東京女子流、少女から大人への成長を綴った待望の7年振り6枚目のオリジナルアルバム!! 2021年、アイドル楽曲大賞にて受賞した「ストロベリーフロート」、TBSラジオ「アフター6ジャンクション」にて4位を獲得した「ワ.ガ.マ.マ. MURO's KG Remix」など、珠玉のダンスナンバーを収録。

  • MONSTER HUNTER RISE Extra Tracks Ⅱ

    『モンスターハンターライズ』、ゲーム内の追加BGMを収録した“MONSTER HUNTER RISE Extra Tracks II”がi配信開始。「モンスターハンター」シリーズファンお馴染みの「ポッケ村のテーマ」や「狩人の集う秘湯」など懐かしの楽曲に加えて、『モンスターハンターライズ』で登場した「カムラ祓え歌」、「悪逆無道/マガイマガド」のアレンジバージョンなど合計24曲を収録。

TOP